ラグジュアリートラベラーのニーズも高まっている日本の温泉旅館

日本を代表する観光資源にひとつ「温泉」

“Sushi(寿司)”や”Kimono(着物)”や”Sumo(相撲)”と同じように、”Onsen(温泉)”という言葉も海外でも定着してきました。

観光庁が実施した「訪日外国人消費動向調査(2010年版~2013年版)」でも、次に日本を訪れた際に入浴したいと答えた割合が、日本食を食べることと、1、2位を争う高水準で推移しています。このことからも、温泉に対する関心度の高さが伺えます。

このような動向はラグジュアリートラベルにおいても同様です。
世界中の高級ホテルや一流レストランが加盟している「ルレ・エ・シャトー」。
実は修善寺温泉「あさば」や箱根温泉「強羅花壇」なども名を連ねていて、今後はさらに同様の温泉旅館の加盟を増やしていきたいと、CEOのジャン・フランソワ・フェレ氏は言いました。

昨今のラグジュアリートラベラーは、その土地の文化を背景とした本物の体験を求める傾向が強くなってきていて、温泉旅館は本物の日本文化を体験するには最適な宿泊施設だと考えられているためです。

関連記事

  1. 別府温泉に国内外の大手が新規参入

  2. 海外富裕層に人気の温泉旅館、顧客満足度の鍵は「富裕層の因数分解」

  3. 富裕層旅行客の「温泉」ニーズが高まる今が富裕層向けPRの好機!

  4. 既に富裕層戦略を始めている阿寒湖温泉

  5. 日本の温泉旅館を国内外の富裕層にもっと利用してもらうために

Translate »